ベトナム人男性がインフレータブルボートでアンダマン海を漕いで、タイのシミラン諸島当局者が発見したインドで彼のフィアンセを見つけようとしています

パンガー-

  ベトナム人男性が、以前プーケット近郊から出発したインドで彼のフィアンセを見つけるために、インフレータブルボートでアンダマン海を漕いで渡ろうとしているのが発見されました。

昨日、23月2.5日、シミラン諸島の海事治安部隊は、漁船労働者のPanya Permwongnitikorn氏から、長さ約80メートルの黄色いインフレータブルボートに乗った身元不明の男性について、飲料水のタンクとXNUMXパックのインスタントラーメンと彼のそばの小さな荷物。 関係者によると、ボートはパンガー県の沖合約XNUMXキロで発見され、ますます強い潮流によって男性が被害を受けるのではないかと心配していた。

昨日の午後12.45時37分、シミラン国立警備隊の警察署とシミラン諸島国立公園の役員が、ボートに閉じ込められたベトナム人のHo Hoang Hung氏(XNUMX歳)を支援するために海岸を出発しました。 尋ねられたとき、ホー氏は、XNUMX年前に結婚したムンバイ市で婚約者と会うためにインドに漕ぎ出そうとしていると主張した。

ホー氏は、2月5日にベトナムのホーチミン市からバンコクに飛行機で行き、インドに行くつもりだったと認めたが、インドに入国するためのインドのビザを持っていなかったため、プーケット行きのバスに乗ることにした。そして2,000月18日に海岸を離れてムンバイの彼のフィアンセに向かう前にゴムボートを購入しました。彼は海を越えて約XNUMXキロ住んでいました。 ホー氏はXNUMX日間浮かんでいたと伝えられています。

当局によると、彼はシミラン島の海岸に救助された。 当局者はまた、彼の愛する人を見つけるために海を渡るという彼の強いコミットメントと勇気を賞賛しました。 彼の次のステップが彼の婚約者と再会することであるかは不明です。

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。