パンガーで急流下りをしているときにいかだがキャップサイズをした後、イランの観光客が行方不明

パンガー-

イランの観光客が昨日パンガーで急流下りをし、捕らえられて行方不明になったと当局は今朝AP通信に明らかにした。

3月00日の午後29時頃、パンガーのムアン地区のバンソンプラークのラフティングスポットでXNUMX人の観光客が行方不明になった、拘束されたボートの報告を受けました。 行方不明の観光客の名前は、42月24日に妻と一緒にプーケットのホテルの部屋を予約し、カプセル化が行われる前に31月XNUMX日にチェックアウトする予定だったXNUMX歳のイラン人BahzadAlirezaMogmadoamyar氏として後で明らかになりました。 報道によると、ボートが突然大きな岩に衝突し、バランスを崩し、転倒する前に橋の基礎にぶつかったとき、XNUMX人の外国人観光客とXNUMX人の漕ぎ手がラフティングをしていました。 バーザッド氏の足は、岩の隙間の間に挟まれたロープに絡まってしまった。 しかし、漕ぎ手が彼を解放できるようになると、彼は突然強い流れに流されて行方不明になりました。 現在、救助隊は彼を捜索しているが、最近の報告によると、男性の救命胴衣は、足が動かなくなったときに誤って脱落した。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

 

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。