プーケット副知事はソンクラン中の観光客の安全を確保するためにフェリー港を調べます

プーケット-

プーケットの副知事は、他の多くの関連当局とともに、フェリー港の準備状況をチェックし、運航中の労働者を元気づけました。

プーケットピシェパナフォン副知事は本日12月XNUMX日、プーケットのフェリー港を訪れ、フェリー、安全用品、ボートオペレーターの安全性と可用性を調査し、サービスを利用したい観光客に対応しました。ピシェは、港はクラビ県に行くためにピピ島に渡りたいと思っている人々(主にタイ人)で比較的活気があったと言いました。 各フェリーは80〜150人を収容でき、救命胴衣、消火器、蘇生キットなどの必要な救命設備がいくつか装備されており、XNUMX人のボート乗組員全員がそれらを使用するための十分な訓練を受けています。 同時に、プーケット州観光支援センターからの巡視船もあり、緊急時に急いで助けてくれます。PAOのプーケット副最高経営責任者であるThiwatSeedokbubによると、チャロン埠頭でフェリーに乗る観光客の平均数は800日あたり1,000〜2,000人でしたが、ソンクラン期間中は確実にXNUMX人近くに増加します。 彼はまた、ボートから落ちたり他の人に危害を加えたりする可能性のある酔った乗客に特別な注意を払うようにオペレーターに促した。 ファイファイクルーザーボートを運航するプーケットビジネスカンパニーリミテッドのマネージングディレクターであるノッポルオワス氏は、乗客の60%が外国人で、30%がインド人であると述べました。 Noppolは、タイがより多くの観光客を歓迎し始めたため、状況は徐々に改善しているとコメントしました。 巡洋艦の運航については、平日は通常100人の乗客がいるが、ソンクランが始まってから200人に上ったという。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

Facebookグループのディスカッションに参加してください https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または以下のコメントで。

パタヤニュースの最新のローカルニュース翻訳者。 エイムはXNUMX歳で、現在バンコクで大学の最後の年を過ごし、勉強しています。 彼は、英語の翻訳、ストーリーテリング、起業家精神に興味を持っており、勤勉はこの世界でのすべての成功に不可欠な要素であると信じています。