プーケットの桟橋で転覆する前にヨットが発火–ビデオ

プーケット-

今日の午後(23月XNUMX日)、タラン地区の桟橋で転覆する前にヨットが発火しました。rd).

プーケット海洋局の役員は、マイカオ地区の桟橋で午後1時にヨットの火災が発生したことを通知されました。

彼らは現場に到着し、桟橋近くの海にあるヨットがひどく燃えているのを見つけました。 ヨットには誰も見つかりませんでした、そして、長い期間の後、火は最終的に制御下に置かれました。 怪我は報告されていません。

ヨットは転覆する前に火事でひどく損傷しており、ヨットの一部はまだ水面上に見えていました。 埠頭にある他のヨットは、火災が他の海上車両に広がる可能性があることを懸念して、炎上中に移動されました。

沈没したヨットの周囲の水を油漏れを防ぐために予防装置が使用されています。 ただし、この段階ではオイル漏れは見られませんでした。

プーケットの法医学警察は、火災の原因を見つけるために調査を続けています。 プレス時の時点で、彼らはまだ所有者を見つけて炎の原因を特定しようとしていました。

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。