更新:プーケットの海洋関係者は、週末にカマラビーチで若い男の子を噛んだのはサメだったと信じています、男の子は彼の話をします

プーケット-

  海洋関係者は、先週末にプーケットのカマラビーチで国内の観光客である少年を噛んだ海洋動物は確かにサメであり、他の人が信じていたようなバラクーダではないと信じていると述べました。

私たちの前の話:

フランスのサメの専門家は、ヨシキリザメが日曜日(8月1日)にプーケットのカマラビーチ近くでXNUMX歳のウクライナとタイの少年の足を噛んだ可能性があると信じていますst)。 一方、ビーチオペレーターや地元当局者は、それがサメではなくバラクーダであると信じています。

プーケット副知事のピシェ・パナポンとプーケット海洋生物センター(PMBC)の所長であるコンキアット・キティワタナウォン博士が率いるプーケット当局者のチームが、ムアンプーケット地区のラサダ地区にある祖母のレストランで少年を訪ねました。

Dr.コンキアットはプーケットエクスプレスに次のように語っています。 少年が噛まれたエリアは、サメが通常このあたりで食べ物を見つけるサーフゾーンです。 長さ約XNUMXメートル未満のヨシキリザメかもしれません。 この地域は、一部の地元住民が主張していることにもかかわらず、バラクーダの通常の家ではありません。」

少年(パタヤニュースは彼の名前を差し控えています)はプーケットエクスプレスに話しました。 父が浜辺にいる間、私は一人で水に入った。 私は水中で何か黒くて長いものを見ました。 海洋動物は私にまっすぐに突っ込み、私の足を噛みました。 私は水から上がる前に動物を叩き、父に話しました。」

「その時、私は恐れていませんでした。 私の傷は33針必要でした。 私は恐れず、病院で泣きませんでした。 私はまだそれがサメではなくバラクーダだったと思います。 とにかく、私はそれが私を打ち負かすよりも激しく打ち負かしました、そして私は海に戻ることを恐れません、私はビーチが大好きです。」 勇敢な少年は、プーケットエクスプレスの記者に笑顔で言いました。

TPNメディアは、少年がその地域で噛まれた後、彼の短い「名声」を楽しんでいるようであり、彼は今週すぐにビーチに戻って泳ぐことを計画していると述べています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。