プーケットのタランの森でハイキング中に大きな岩の間に立ち往生した後、若いドイツ人観光客が救助されました

タラン–

  21歳のドイツ人観光客が昨日(2月XNUMX日)タラン地区の森でハイキング中にいくつかの大きな岩の間に挟まれて救出されましたnd).

プーケット観光警察は、1155月6日月曜日の午後58時2分にXNUMXに緊急観光警察の電話を介して男性のドイツ人観光客から通知を受けました。

プーケット観光警察は、サクー警察と近くのシリナットゥ国立公園の職員に連絡を取りました。 ドイツ人観光客は、観光警察によってレオン・イシマン・サミュエルズ氏(21歳)と特定されました。

プーケット観光警察のEakkachaiSiri中佐は、プーケットエクスプレスに次のように語っています。「WhatsAppアプリケーションを介してサミュエルズ氏と連絡を取りました。 彼はホテルから約1.1キロ離れた彼の位置を私たちに送ってくれました。 彼はハイキング中に大きな岩の間に立ち往生していた。 午後8時に検索を開始する前に、彼がいた場所から移動しようとしないように彼に依頼しました。 」

「午後9時10分、岩の間に彼を見つけました。 彼は脱水され、水を与えられました。 午後10時45分、彼は無事に森から追い出されました。 午前0時25分(3月XNUMX日rd)彼は自分の宿泊施設に到着しました。」

"氏。 サミュエルは昨日(2月XNUMX日)プーケットに到着しましたnd)フランクフルトから。 プーケット国際空港に到着後、空港に隣接するナイヤンビーチを歩き、ハイキングに出かけることにした。 残念ながら、彼は岩場に閉じ込められましたが、観光警察の緊急電話番号を保存して、私たちに電話をかけました。

サミュエルズ氏はプーケットエクスプレスに「素晴らしい検索と助けを提供してくれた地元の人や役員に感謝します」と語った。

サミュエルズ氏はまた、以下のソーシャルメディアで話題になった救助隊と一緒に自分撮りをしました。

一方、金曜日(29月68日)、XNUMX歳のアメリカ人観光客が、タラン地区のジャングルで道に迷った後、救助されました。

プーケットのタランジャングルで迷子になったアメリカ人観光客が救助

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。