プーケットは風土病としてCovid-19を発表する予定であり、タイ中央政府は忍耐を促します

プーケット-

プーケットは、コビッド-19の新規および確認された症例が州で減少し続けた後、コビッド-19を風土病として発表することを計画しています。

パタヤニュースの姉妹ウェブサイトでの以前の話:

プーケットの副知事は本日20年2022月19日、コビッド-XNUMXコロナウイルスを風土病として治療し、感染患者の制限と検疫日数を減らすためのパイロットエリアになる準備ができていることを発表しました。

プーケット州のパブリックヒースのチーフドクター、クサック・クキアティクーンはプーケットエクスプレスに次のように語っています。 過去19日で、Covid -39の19の新規および確認された症例のみが記録され、新たな死亡はありませんでした。」

「プーケットの人々の60%以上が、Covid-19ワクチンの52回ワクチン接種を受けています。 しかし、608グループ(高齢者、慢性的な健康問題、妊娠中)の608%の人が60回のワクチン接種を受けていました。 19グループはXNUMX%のトリプルワクチン接種を受ける必要があります。 中央当局によって設定された風土病の州の規則に到達するために、XNUMX回の予防接種を受けてください。 その後、CCSA(COVID-XNUMX状況管理センター)に私たちを風土病にするよう提案します」とKusak博士は説明しました。

一方、今朝、タイの公衆衛生大臣アヌティン・チャーンビラクルは、風土病の分類と、マスクの義務やナイトライフの合法的な開放など、より多くの制限を解除することについて忍耐強く促し、Covid-19の風土病のラベル付けに関して、州ごとの制限を緩和することは不可能であると述べました。国は全国的なアプローチを必要としていました。 アヌティンは、多くの地方の州が、症例数と予防接種率のために、まだ風土病として分類される準備ができていないという事実を引用しました。

しかし、TPNメディアは、観光が直面している州は、国全体が同じレベルになるのを待つことに同意せず、観光客は制限をできるだけ早く緩和することを望んでいると強調しました。

Covid-19を国として流行させるための現在の目標は、およそXNUMX月であるとTPNは述べています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

タイへの旅行にCovid-19 /旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。