更新:ウクライナ-タイの少年が海の動物で負傷した後もカマラビーチを楽しんでいる観光客は、カトゥー地区のチーフは言います

カマラビーチ、プーケット–

  カトゥー地区の首長は、8歳のウクライナ人の少年が海洋動物によって負傷した後、カトゥー地区のカマラビーチを再び訪れました。 タイ人と外国人の観光客はまだビーチを楽しんでいて、水で泳いでいるのが見られました。

カトゥー地区のカマラビーチには、当局が「有害で有毒な海の動物」と呼んでいるものを警告する標識が貼られています。

更新:プーケットのカマラビーチに配置された、有害な海の動物に警告する標識

火曜日(3月XNUMX日rd)、カトゥー地区チーフシワットラワンクンは再びカマラビーチに行きました。 彼はプーケットエクスプレスに次のように語っています。 私たちは、ビーチと海の両方で安全を確保したいと考えています。」

「タイ人と外国人の観光客や住民は、争われている海洋動物が少年を噛んでいるというニュースにもかかわらず、いつものようにビーチや水中で遊んで楽しんでいます」とシワットは述べました。

男の子、 その間、彼の新たな名声を楽しんでいて、彼の話を語っているようで、彼は事件の後で恐れていないと言います。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。