タイ北東部の1,450人の少年は、いとこを訪ねるためにプーケットまでXNUMXキロ歩くのをやめました。

写真:バーンドゥンアップデート

プーケット-

ウドンタニ出身の1,450人の北東部の少年たちは、グッドサマリア人が彼らを家に連れ戻す前に、たった10バーツとバナナの袋を持ってプーケットまでXNUMXキロ歩く準備をしていました。

14歳と12歳のXNUMX人の少年は、ウドンタニの地方道路でバックパック、XNUMXバーツ、バナナの袋を持って発見されました。

良いサマリア人のウィーラポン・ラクサムエウォン氏は、二人の少年と話すのをやめました。 年齢のために名前を控えた二人の少年は、「私たちは近くの村から来ました。 私たちは祖母と祖父と一緒にここに住んでいます。 私たちの両親はプーケットの北にあるパンガーで働いています。」

私たちはいとこを訪ねるためにプーケットまで歩いていました。 XNUMXバーツあります。 プーケットまでの距離はわかりませんが、そこを歩く予定でした。」

二人の少年はついに祖父母に戻ることに同意した。 彼らの祖父母は、孫たちが家に帰って、将来彼らを注意深く見守ることを約束したことをとても喜んでいました。 祖父母はまた、プーケットに歩いて行かなくても、近い将来、男の子がいとこや両親と会うように手配すると述べた。

この話は今日タイのメディアで話題になりました、とTPNメディアは述べています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。