タイの公衆衛生大臣は、Covid-19が「強制」されていなくても、風土病と表示された後も人々にマスクを着用することを望んでいます。

バンコク–

タイがCovid-19を風土病と分類した後も、顔のマスクは多くの地域で推奨されると、公衆衛生大臣のAnutinCharnvirakulは本日30月XNUMX日に述べました。

大臣がインタビューを行った 今朝のマスクマンデートの今後の提案された終了について Covid-19はもはや発生状態ではなく、風土病に近づいていますが、マスクを着用することは公衆衛生省によって強く勧められていると言うことによって。

フェイシャルマスクが緊急法令措置の下で義務として実施されなくなった場合、彼らがいる状況がCovid-19の蔓延の危険にさらされているかどうかは、個人の考慮に委ねられます。 危険因子がないことが証明された知人/友人/家族のグループにいる場合は、マスクを外すことができますが、注意が必要です。 しかし、大臣は、大勢の人やグループの人々は、義務付けられていなくても、マスクを着用するように奨励されるべきであると述べました。

「私たちが風土病に近づいているとき、リラックスするための多くの対策があり、私たちはそれらがすべて一般の人々にとって安全であると評価しました。 マスクを外しても安全かどうかは、人々が自分のリスクを評価できると確信しています」とアヌティンは述べています。

さらに、大臣は関連機関にも命令しました 1月XNUMX日に緑と青のゾーンで娯楽施設の再開に備えるため、企業が予防的健康対策の下で戻ってきていることを確認します。

彼はまた、経済と観光システムを後押しするために外国人観光客を国内に追いやるために状況が制御されている場合、外国人のためのタイパス登録を廃止する可能性について言及した。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身です。 彼の経歴は人事と運用にあり、XNUMX年前からニュースとタイについて書いています。 彼はパタヤにフルタイムの居住者として約XNUMX年間住んでおり、地元でよく知られており、XNUMX年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはメールでお願いします [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/