タイはATKの自己投与と無症候性感染の報告を停止し、毎日の更新を月にXNUMX回に減らしますとCCSAは言います

写真:Thansettakij

ナショナル–

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、ATKの自己管理による感染数の報告を廃止し、毎日の更新から無症候性であり、毎日の発表を月に2回に減らしました。

CCSAの副スポークスパーソンであるSumaneeWatcharasin博士は、2月XNUMX日の毎日の会議で、CCSAは、今月から、重大な健康状態の感染症と病院や病院で治療を受けている人だけを含めることで報告を変更すると述べました。

発表は月にXNUMX回、隔週の木曜日に減らされます。 また、CCSA総会がある場合、CCSAはその日の議論と最新情報を報告します。

一方、タイは本日、2,560件の新しいCovid-19症例を発見しました。 そのうち、2,552件が政府の監視およびサービスシステムから報告され、6件が刑務所から、2件が輸入事件から報告されました。 現在5,605の感染症が治療されている間に、合計36,190が回収され、病院から解放されました。 約846の感染症が重大な症例であり、417の症例が人工呼吸器に感染しています。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身です。 彼の経歴は人事と運用にあり、XNUMX年前からニュースとタイについて書いています。 彼はパタヤにフルタイムの居住者として約XNUMX年間住んでおり、地元でよく知られており、XNUMX年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはメールでお願いします [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/