観光省は300バーツの「土地入国」料金徴収を延期し、「タイパス」キャンセル提案をNationalCovid-19センターに導入する

写真:INNニュース

ナショナル–

観光スポーツ省は、300バーツの「入国」手数料の徴収を今年の第XNUMX四半期まで延期することを決定し、来月から「タイパス」登録の取り消しを提案する予定です。

Phiphat Ratchakitprakarn観光大臣は、追加の調査を実施し、問題に関するすべての側面を徹底的に検討するために延期が決定されたことを明らかにしました。 マレーシアやカンボジアなどの近隣諸国では、これは特に当てはまります。マレーシアやカンボジアでは、入国に300バーツの手数料がかかることが多くの人にとって重要です。

改訂された提案は、おそらく今後90か月以内に内閣に再提出される予定です。 合格した場合、料金徴収は、2022年の第2023四半期からXNUMX年の第XNUMX四半期の間にある可能性のあるRoyalGazetteの発行からXNUMX日後に行われます。

タイパスのキャンセルに関して、フィファット氏はさらにAP通信に対し、同省は次回の会議でこの問題をCCSA(Covid-19状況管理センター)に提案すると述べた。 提案には、保険要件の削除が含まれます。 旅行保険の購入や複雑な入国手続きが不要になるため、キャンセルにより多くの外国人観光客を引き付けることができると彼は考えています。

次の主要なCCSA会議は、17月XNUMX日金曜日に設定されています。 また、マスクの義務とその後のナイトライフや娯楽施設の合法的な開放をカバーするように設定されています。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身です。 彼の経歴は人事と運用にあり、XNUMX年前からニュースとタイについて書いています。 彼はパタヤにフルタイムの居住者として約XNUMX年間住んでおり、地元でよく知られており、XNUMX年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはメールでお願いします [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/