今月パンガーのビーチで洗い流された後、プーケットで治療されているXNUMX番目のイルカ

プーケット-

負傷したイルカは昨日(10月XNUMX日)パンガーのビーチで洗い流された後、治療のためにプーケットに運ばれましたth).

パンガーに本拠を置くタイ王国海軍は、タクアパ地区のホテルから、カオラックビーチでイルカが見つかったとの通知を受けました。

タイ王国海軍のシータートル保護センターとカオラックラムルー国立公園の職員がすぐにビーチに到着しました。

プレス時点でまだ生きているイルカの体長は1.5メートル。 イルカは口を傷つけました。 イルカは岩にぶつかる前に強い波で浜辺に打ち上げられたと考えられています。

イルカは、治療のためにムアンプーケット地区のウィチット地区のケープパンワにあるプーケット海洋生物センターに運ばれました。

これは、今月カオラック地域のビーチに打ち上げられたXNUMX番目のイルカです。

4月XNUMX日にパンガーのビーチでイルカが流された後、治療のためにプーケットに連れて行かれました。th.

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。