タイ議会は本日最初の読書で結婚平等と市民パートナーシップ法案を可決します

写真:iLaw

バンコク–

野党の前進党によって提案された結婚平等法案は、本日15月210日の議会での最初の審議を通過し、賛成180票、反対12票、棄権XNUMX票でした。

法務省によるシビルパートナーシップ法案の同様の草案も、賛成229票、反対166票、棄権6票で、最初の読書で可決されました。 このような承認は、LGBTQ+の平等と同性婚の合法化の大きな一歩を示しています。

それらは似ているように聞こえますが、結婚の平等とシビルパートナーシップの法案は、同性結婚の認識に関してわずかな違いがあります。 要するに、法務省の市民パートナーシップは、同性の個人が彼らの市民パートナーシップを登録し、彼らを市民の「パートナー」として定義することを許可し、一方、前進党の結婚平等は、彼らを同じ法的特権と権利を持つ「結婚した」カップルとして認識します異性の夫婦。

草案は、政府が任命した特別委員会によって調査、改訂、検討された後、近い将来、XNUMX回目の読書で発表される予定です。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のパタヤニュースのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。