タイ国政府観光庁は、モンスーンシーズン中に毒クラゲについて警告します

タイ -

タイ国政府観光庁(TAT)は、モンスーンシーズン中の巨大で有毒なクラゲについて一般の人々に警告しています。

タイ国政府観光庁(TAT)は、毒クラゲの季節のため、タイの海域で泳いだりシュノーケリングをしたりするときは特に注意し、警告標識が掲示されている海域に立ち入ることによるリスクを冒さないように観光客にアドバイスしたいと思います。

タイのスイマーやダイバーがクラゲに刺されることは非常にまれですが、TATは、特に国の南部地域で水泳やダイビングを計画しているすべての人に、クラゲがいる可能性があることに注意するよう求めています。

一方、当局は、ムアンクラビ地区のホン島のビーチの近くで見つかった炎のクラゲに注意するようにスイマーに警告しました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。