プーケットのチャロン沖で発見されたイルカのグループ–ビデオ

プーケット-

  先週末、ムアンプーケット地区のチャロン沖でイルカの群れが発見されました。

プーケットの南にあるチャロン埠頭からマイソン島とコーラル島に旅行しているときに、約XNUMX頭のイルカが遊覧船で観光客に発見されました。 イルカの群れは、ウィチット地区沖のマイトン島の近くで発見されました。 イルカはボートの前と周りで遊んでいました。

遊覧船のオペレーターであるニコーン・プラパイオサパット氏はプーケットエクスプレスに次のように語っています。 この地域でイルカが最後に見られてからXNUMXか月が経ちました。」

「イルカが通常見られたので、メイトン島はイルカ島としてよく知られていました。Covid-19が救済された後、より多くのイルカが見られています。 これは、長い間観光客や遊覧船がなかったために環境が回復したためかもしれません。」 ニコーンは説明した。

以下のイルカのビデオをお楽しみください!

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。