タイ政府は、19月まで発効する緊急法令のXNUMX回目の延長を発表しました

ナショナル–

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、2月1日から30月XNUMX日までの緊急法令のさらにXNUMXか月の延長を発表しました。

CCSAのスポークスパーソンであるタウィーシルプ・ビサヌヨシン博士は、本日8月19日、プラユット・チャンオチャ首相が議長を務めるCCSA総会後、非常事態宣言を王国全体に2回延長することを検討したとAP通信に語った。 2022年XNUMX月末までXNUMXヶ月。

首相はCCSAの局長として、そのような延長は人々の生命の予防と保護のためであり、他の目的や民主化運動家や反対派の議員が主張するような政治的問題のためではないことを強調した。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身です。 彼の経歴は人事と運用にあり、XNUMX年前からニュースとタイについて書いています。 彼はパタヤにフルタイムの居住者として約XNUMX年間住んでおり、地元でよく知られており、XNUMX年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはメールでお願いします [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/