XNUMX人の外国人観光客が溺死し、XNUMX人は今朝、チャン島のロンリービーチで荒れた海で泳ぎに行った後も行方不明になっています

チャン島、トラート–

スペイン人観光客は、10月XNUMX日の朝、トラート県のチャン島のロンリービーチでXNUMX人が嵐の海で泳ぎに行った後、フランス人男性の同伴者が行方不明になったときに溺死しました。

村長のTermsakSertsriは地元の記者に、強い嵐と高波の間に21人の観光客がロンリービーチで泳ぎに行ったと地元住民から警告を受けたと語った。 22人はXNUMX歳のスペイン人女性で、もうXNUMX人はXNUMX歳のフランス人男性観光客でした。

その後、海洋警備センターの職員がジェットスキーに配備され、海岸から約300メートル離れた行方不明の観光客を探しました。 スペイン人観光客は午前8時10分頃に海に浮かんでいるのが見つかりました。 彼女は上陸し、応急処置を受けましたが、バイタルサインは見つかりませんでした。

当局は午前11時をもって一時的に捜索をやめなければなりませんでした。 大きな波と非常に強い風のため。 フランス人観光客は記者会見の時点でまだ行方不明でした。

村長によると、観光客はネイチャービーチリゾートホテルにXNUMX日間滞在したという。 事件当日、ホテルのスタッフに日の出を見に行くと言ったが、代わりに島の西側にあるロンリービーチに行き、強い波の中で観光客が泳ぐのを禁止するために赤い警告旗が立てられた。 。 彼らはまた、泳ぎに行く前にアルコールを飲んだと伝えられています。

写真提供:Termsak Sertsri

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。