タランのビーチでウミガメがプラスチックを口に入れて死んでいるのを発見

タラン–

タランのビーチでウミガメがプラスチックを口に入れて死んでいるのが発見されました。

タラン地区のマイカオ地区のマイカオビーチをパトロールしていた監視員が、今朝(11月XNUMX日)ビーチで死んだウミガメを発見しました。th).

死海のウミガメの口からプラスチックが出てきているのが見つかりました。

死んだウミガメは、検死のためにムアンプーケット地区のウィチット地区のケープパンワにあるプーケット海洋生物センターに運ばれました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。