新婚旅行中のイギリス人観光客とタイ人男性がカタビーチで赤い旗にもかかわらず泳ぎに行った後に溺れる、タイ人男性は観光客の命を救おうとしました

カタ、プーケット–

新婚旅行中の男性の英国人観光客が溺死した後、14人が死亡したと宣告されました。また、昨日(XNUMX月XNUMX日)赤旗エリアのカタビーチで英国人観光客の命を救おうとしたタイ人男性th).

緊急対応要員は、ムアンプーケット地区のカロン地区のカタノイビーチで午後5時に事件の通知を受けました。

緊急チームがビーチに到着し、男性の英国人観光客34人(MR.ALI MOHAMMED MIAN)と男性のタイ人観光客55人(Mr. Surasit Pongaohapan)を見つけました。 両方の男性はすでにライフガードによって水から引き上げられていました。 彼らは地元の病院に運ばれ、そこで彼らは悲劇的に死んだと宣告されました。

プーケット観光警察のEakkachaiSiri中佐は、プーケットエクスプレスに次のように語っています。th 新婚旅行で彼の妻と一緒に。 彼らは12月XNUMX日にカロンのホテルにチェックインしましたth。 タイの観光客は彼の妻と息子と一緒でした。 彼らは昨日(14月XNUMX日)カロンのホテルにチェックインしましたth)。 "

「イギリス人観光客は波に苦しんでいましたが、海の近くにいたタイ人観光客は彼を助けようとしました。 両方とも複数の連続した大きな波に襲われ、水中に沈んだ。 ライフガードは、男性を引き抜く前に海に入った。」 Eakkachai中佐が説明した。

「長さ850メートルのカタノイビーチにはXNUMX人の監視​​員が毎日パトロールしています。 昨日は波が強かったため、ビーチ沿いに赤旗と水泳標識は設置されていませんでした。 ライフガードは両方の男性に泳ぎに行かないように警告しましたが、彼らは拒否し、それでも水に入ったのです。」 Eakkachai中佐は述べた。

XNUMX人の外国人観光客もチャン島で溺死するほんの数日前。 この事件では、観光客も赤旗エリアに入り、泳ぎに行きました。

タイの警察と当局は、関係機関からの指示に従い、赤旗の時期や荒天時には泳ぎに行かないように国民に呼びかけ続けています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。