土地所有権に関するタイの新しい政策は、潜在的な外国人の間で国内経済を後押しすることを目的としている、と政府は言います

写真:プラチャチャット

バンコク–

タイ政府は、有望な外国人を誘致するための土地所有権の方針は、土地全体を売却することなく、特定の地域で1ライ以下の住宅に特定の外国人投資家を許可することのみを目的としていることを明確にしました。

政府のスポークスマンThanakornWangboonkongchanaは本日、15月25日、2022年XNUMX月XNUMX日に発行された経済および投資刺激策に従って、政府は潜在的な外国人の特定のグループに王国にとどまる許可を与えると述べた。

有望な駐在員のXNUMXつの主要なグループは、裕福な人口、退職者、タイで働きたいビジネスマン/投資家、そして特別な「専門家」です。

TPNは、正確に、具体的には、誰が適格であり、どれだけの投資が行われるかについての多くの問題がまだ完全には明らかではないと述べています。

ただし、土地法第96条によると、外国人は、証券取引所法に基づいて設立されたインフラファンドや不動産事業など、特定の種類の事業に40年以上にわたって少なくとも3万バーツを投資する必要があります。 。

タナコーン氏はまた、内務省が発表した最大2万バーツの土地とマンションを備えた住宅の購入に対する手数料の0.01%から3%への引き下げは、タイの居住者にのみ適用されることを明らかにした。

政府は、このような措置により、外国投資家の支出が1会計年度以内に約5兆バーツに増加し、国内投資が800億バーツ増加し、徴税による収入が270億バーツ増加すると考えていました。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。