カタビーチで波と戦った後、XNUMX人の外国人観光客が救助

カタ、プーケット–

同じビーチで他のXNUMX人の観光客が亡くなった同じ日にカタビーチで波と戦った後、XNUMX人の外国人観光客が救助されました。

どちらの場合も、観光客は多くの赤い旗、水泳の標識がなく、監視員が人々に水に入らないように警告しているにもかかわらず、泳ぎに行きました。

カタビーチのライフガードが昨日(14月XNUMX日)報告しましたth)ムアンプーケット地区のカロン地区のカタビーチで溺死した外国人女性と35歳前後の男性を救出したこと。 彼らは水を窒息させた後、ムアンプーケット地区のチャロン地区にあるチャロン病院に運ばれました。

伝えられるところによると、この事件の後、両方の外国人観光客が病院で回復した。

一方、同じ日と同じビーチ 新婚旅行中の男性の英国人観光客が溺死した後、XNUMX人が死亡したと宣告されました。また、赤旗エリアのカタビーチで英国人観光客の命を救おうとしたタイ人男性も死亡しました。

タイの警察と当局は、関係機関からの指示に従い、赤旗の時期や荒天時には泳ぎに行かないように国民に呼びかけ続けています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。