タイ南部のイスラムグループの代表は、マリファナの合法化を再考し、廃止するよう政府に要請します

サトゥーン–

本日、タイのイスラムネットワークのサトゥーン州イスラム委員会は、19月XNUMX日、大麻と麻の非犯罪化を改正するよう政府に求める請願書を提出しました。

このグループは、現在の無法期間中のタイでのマリファナの合法化に懸念を表明し、反対しました。これは、特に子供やXNUMX代の若者の間で、マリファナの乱用や娯楽目的での誤用につながる法律として施行が明確にされていないためです。

サトゥーン州イスラム委員会のアルン・ウマチ委員長は、次のように述べています。「大麻の栽培と流通の状況がこのように続くと、国、特に将来の世代に悪影響を及ぼします。 したがって、政府は非犯罪化を再考し、無法期間を直ちに終了することを望んでいます。」

非倫理的な法規制に抗議するサトゥーンセンターの代表であるSunthornWongmadthongは、関係当局からの返答がない場合、グループは支持者に政府をさらに推し進めるよう求めるだろうと付け加えた。

著名なイスラムグループがこれを行うのはこれが初めてではありません ここに見られるように、タイでの大麻の非犯罪化に抗議した。

写真提供:Naewna

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。