プーケットのシレイ島でサルの視点を訪れる観光客や地元の人々が少ないと、果物屋はサル痘を非難したと言います

プーケット-

シライ島のサルの視点での果物売り手は、サルのために果物を訪れて購入した観光客や地元の人は少なく、現在の世界的な病気の蔓延の原因はサルではないが、売り手はサル痘を非難していると言います。

私たちの前の話:

昨日(25月XNUMX日th)クサック博士はプーケットエクスプレスに次のように語っています。 サル痘から。」

プーケットエクスプレスの記者は昨日、ムアンプーケット地区のラサダにあるシレイ島のモンキービューポイントを訪れました。 マングローブ林の近くの視点には約200匹のサルがいます。

果物の売り手はプーケットエクスプレスに次のように語っています。 彼らはサル痘を恐れているかもしれません。 Covid -19で義務付けられた閉鎖と制限の間でさえ、ここではサルのために果物を買う人が増えました。 ここの近くの果物売りの中には、サルに食べ残しの果物を与える人もいます。 ですから、サルはまだ飢えていません。」

バイヤーはプーケットエクスプレスに次のように語っています。 私たちは彼らから遠く離れており、彼らに触れません。 その後、手を洗います。」

ただし、前述のように、サル自体はCovid-19の世界的な蔓延の原因ではありませんでした。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。