昨日の朝、プーケットのナイソンビーチで強風と赤旗の中、泳ぎに行っていたベトナム人家族が溺死した。

タラン、プーケット– 

  ベトナム人の母と娘は、31月XNUMX日日曜日の朝、Sa Khuサブ地区の強風の中、Nai Thonビーチで泳いで溺死したと伝えられた後、死亡したと宣告された.

サー クー警察署の捜査官は、午前 8 時 30 分頃に観光客が溺死しているとの通知を受け、プーケットの西海岸に到着しました。 そこでは、救助隊が観光客を最寄りの病院に急行させる前に CPR を行っているのが見られました。 残念ながら二人ともその後死亡が確認されました。

最初の調査によると、観光客はベトナムから来た52歳の母親と16歳の娘でした。 彼らの名前は、私たちの編集方針に従って差し控えられています. 彼らは28月XNUMX日からナイソンビーチホテルに滞在していたと伝えられており、今日チェックアウトする予定でした.

事故当時、浜辺や海岸では強風が吹き荒れていた。 そのため、ライフガードは海岸沿いに赤い警告旗を掲げていました。 しかし、伝えられるところによると、約20人のベトナム人が海水浴に出かけ、そのうちのXNUMX人が波に流され、海岸から約XNUMXメートルの海で溺死した.

近くにいたライフガードと善良なサマリア人がすぐに駆けつけ、家族を助けて岸に引き上げましたが、別の観光客である父親が奇跡的に生き残っている間、間に合うことができませんでした。

写真提供: プーケット観光警察

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。