タイは、プーケットのドイツ人観光客であるXNUMX番目に確認された猿痘症例を報告しています

ナショナル–

3月XNUMX日水曜日、タイは海外から病気を持っていたと予想されるドイツ人観光客である猿痘のXNUMX番目の確認された症例を報告した.

疾病管理局の局長であるオパス・カーンカウィンポン博士は今朝、AP通信に、最新の患者は25月18日にプーケットに到着したXNUMX歳のドイツ人であることを明らかにしました. 彼の病気調査の予備的な結果は、タイに入る前に感染したと考えられていました。 公衆衛生省は現在、密接な接触者を監視し、病気の調査のための詳細なタイムラインを作成中です。

「XNUMX人目の患者は、発熱、リンパ節の腫れ、性器周辺の発疹がありました。 症状は非常に明白です。 そのため、彼は地元の病院で治療を受けました。 彼は海外からの渡航歴もあったため、彼のサンプルはサル痘検査のために送られました」とオーパス博士は述べました。

患者は現在、医療関係者と公衆衛生当局の綿密な観察下に置かれています。 事務局長は、この病気は簡単に感染しないため、国民に落ち着いて行動するよう呼びかけました。

彼は次のように付け加えた。 しかし、彼らはまだ21日間健康観察を受けています。 XNUMX人の患者も抗レトロウイルス療法なしで回復していました. しかし、そのような治療は、免疫系が弱い患者には必要かもしれません。」

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。