Covid-19状況管理センター(CCSA)は、金曜日にCovid-19を監視下の伝染病として発表することについて話し合う

写真:Covid-19センター

バンコク–

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、19月18日金曜日の次の会議で、Covid-XNUMXを監視下の伝染病として発表する可能性について話し合う予定です。

国家安全保障会議 (NSC) の事務局長である Supot Malaniyom 将軍は、木曜日にマスコミに、CCSA 委員会は Covid-19 を監視下の伝染病と宣言するという公衆衛生の提案を検討すると語った。

さらに、会議は、XNUMX か月以上にわたって再開されていた全国のいくつかの検問所での国境の再開に追いつくことになりました。 ワクチンと医薬品の配布についても、金曜日の会議で議論される予定です。

CCSA が監視下の伝染病に分類された場合、1 月 XNUMX 日までに CCSA が解散されるかどうか尋ねられたとき、スポット将軍は、緩和の発表にもかかわらず、状況次第であると述べました。

「必要に応じて、病気の蔓延を制御および防止するために、排他的な法律と規制を引き続き実施する必要があります」とチーフは付け加えました。

さらに、Supot 将軍は、2020 年 XNUMX 月以降実施されていた人気のない非常事態令を現時点で廃止する計画はないと推測しているようです。 批評家は、大統領令が潜在的な民主化運動を阻止するために使用されていると主張しているが、政府は、大統領令はCovidの一部として行政関連の手続きに必要であると主張している.

最後に、将軍はまた、タイの観光局が今週の会議で正式に名乗り出たわけではないと述べた 特定の観光地でナイトライフの時間を延長することを提案し、それが CCSA の管轄である場合、これは議論の余地があると付け加え、広告が合法になるには正式なプロセスを経る必要があるかもしれない. ただし、追加が遅れる可能性はありました。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身です。 彼の経歴は人事と運用にあり、XNUMX年前からニュースとタイについて書いています。 彼はパタヤにフルタイムの居住者として約XNUMX年間住んでおり、地元でよく知られており、XNUMX年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはメールでお願いします [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/