パンガーでゾウに襲われ死亡した象使い

写真:MGRオンライン

パンガー–

  象の調教師である象使いは、パンガーで象に襲われた後、胴体にひどい傷を負って死亡した。

昨日(17月XNUMX日)、緊急対応者に事件が通知されましたth) Takua Thung地区、Tha Yooサブ地区のBaan Nai Yanにあります。

彼らは現場に到着し、32 歳の Suppachai Wongfade さんの遺体を発見しました。彼は胴体に大きな損傷を負っていました。 彼は、ポンパンという名前の 20 歳のオスの象の所有者でした。

ゾウは現場から 500 メートル離れた場所で、パンガー畜産局のスタッフと別の地元の象使いによって麻酔薬で撃たれました。

この出来事を直接目撃した人はおらず、何が起こったのかは不明です。 伝えられるところによると、スッパチャイ氏は経験豊富な魔法使いであり、ポン・パンと長年協力してきた。 畜産局による調査は、事件後、法執行官と協力して実施される予定です。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。