タイのCovidセンターは、外国人観光客のビザ期間延長を承認し、今年XNUMX月から観光経済を後押しします

バンコク–

Covid-19状況管理センター(CCSA)は、観光産業を潜在的に後押しするために、30年45月から2022年2023月まで、外国人観光客のビザ免除期間をXNUMX日からXNUMX日に延長することを承認しました。

到着ビザ (VOA) も最大 15 日間から 30 日間に延長される、と CCSA のスポークスマン Taweesilp Visanuyothin 氏は 19 月 XNUMX 日金曜日の総会後に述べた。

簡単に言えば、あなたの国のビザが以前は 45 日間だった場合、それは 1 日間に延長されます。 XNUMX 人だった場合、XNUMX 月 XNUMX 日から XNUMX 人に延長されます。

両方の延長は、1 年 2022 月 31 日から 2023 年 19 月 XNUMX 日まで有効になります。これは、Covid-XNUMX の経済的困難の後に国内経済を復活させ、観光客の費用から収入を生み出すために、より多くの外国人到着者を引き付けるためです。

内務省、外務省、入国管理局、および関連機関は、この発表を順守し、CCSA の決議を次の段階に進めるよう命じられました。

TPN は、官報で批准されるまで最終決定されないことに注意してください。

この記事の元のバージョンは、親会社のTPNメディアが所有する姉妹ウェブサイトのパタヤニュースに掲載されました。 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身です。 彼の経歴は人事と運用にあり、XNUMX年前からニュースとタイについて書いています。 彼はパタヤにフルタイムの居住者として約XNUMX年間住んでおり、地元でよく知られており、XNUMX年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはメールでお願いします [メール保護] 私たちについて:https://thephuketexpress.com/about-us/お問い合わせ:https://thephuketexpress.com/contact-us/