クラビで観光客とボートを運転中に海に落ちた船長が行方不明

クラビ-

クラビで観光客と一緒にボートを運転中に海に落ちた船長が行方不明になりました。

昨日(19月XNUMX日)th) クラビ海洋警察は、船長がヤマン島とロク島の間で行方不明になったと通知されました。 海上警察とレスキュー ダイバーは XNUMX 時間捜索に出かけましたが、夜が明ける前に失敗しました。

クラビ海兵隊のタウィーラップ・スワナリット中佐はプーケット・エクスプレスに次のように語った。 27 人の観光客と 14 人のガイドを連れたロングテール ボートの船長である XNUMX 歳のアピチャート ブーンラットは、昨日、アオ ナンのポ ダ島の近くを旅行していました。」

「ボートの船長は、後ろでボートを運転していたときに行方不明になりました。 ガイドが助けを求めた。 この段階で、船長は気を失い、船から落ちたのではないかと考えました。 今日(20月XNUMX日)も捜索を続けています。」 中佐はこう締めくくった。

プレス時の時点で、船長はまだ行方不明です。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。