ウィチットの展望台付近で発見された骸骨

ウィチット–

昨日(20月XNUMX日)の午後、ウィチットの展望台近くで人骨が発見されたth).

ウィチット警察は、ムアン プーケットのウィチットにあるカオ カド ビューポイント近くのアオ ヨン - カオ カド ロード近くの地元住民から、午後 5 時 45 分に骸骨について通知を受けました。

警察と救助隊が現場に到着し、布で覆われた男性の骸骨を発見した. 彼の制服は警備員に似ていた。 警察は、男性が発見される少なくともXNUMXか月前に死亡したと考えていました。 骨格は、最終的な身元確認のためにバチラ プーケット病院に運ばれました。

人骨を最初に発見した地元住民は、人骨が見つかる前にココナツの木を植えるつもりだと警察に語った。 地元住民の名前は伏せられた。

警察は、2022 年 41 月、ウィチットの警備員だったソンサック マヤさん (XNUMX 歳) が行方不明になったと報告したことを発見しました。

しかし、警察は最終的な死因を突き止め、男性の身元を特定し、同じ行方不明者であったかどうかを判断するために捜査を続けています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。