ウィチットの路上で「友人」に切りつけられたとされる男性が重傷を負った

ウィチット–

31 歳の男性が、白昼にウィチットの道路で友人にナイフで切りつけられた後、重傷を負いました。

ウィチット警察は昨日 (3 月 00 日) 午後 25 時、ソイ トゥン ジャロンの入り口近くのムドン運河 - ボレ ロードの側で事件の通知を受けました。

緊急対応隊が現場に到着し、後にキティサック・マリパン氏と特定された男性を発見しました。彼は足の重傷から大量に出血していましたが、まだ意識があります。 彼は地元の病院に運ばれました。

地元住民は、負傷したキティサック氏が友人に何らかの援助を求めていたが、それは口頭で、次に物理的な議論に変わったと警察に語った. しかし、議論の正確な性質は不明でした。

警察はさらなる法的措置のために調査を続けています。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。