プーケット寺院の池でワニ発見

プーケット-

プーケットの寺院内の池で体長120センチのワニが発見された。

プーケット水産局は、昨日 (2 月 XNUMX 日)、ムアン プーケット地区のラサダ地区にあるトーセの丘にある寺院の池でワニが見つかったと通知を受けました。

当局は寺院に行き、体長120センチのワニを見つけました。 寺院の僧侶たちは、誰がワニを池に放したのか分からないと言いました。 彼らは、ワニが池でカメに餌をやる他の人々を傷つけるのではないかと心配しています.

ワニは池から取り除かれました。 プーケット漁業局によると、クロコダイルは保護された動物であり、所有には許可が必要です。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。