「ザ ブルー ドルフィン」フェリーは、土曜日にパタヤ - サムイの最初のルートを成功裏に進水させました

チョンブリ / スラタニ –

パタヤ - サムイ ルートの最初の「ブルー ドルフィン」フェリーは、10 月 XNUMX 日土曜日に公式に就航し、パンデミック後のタイの観光を刺激することを目指しています。

約 200 台の車両を運ぶフェリーは、サッタヒープ地区のチュクサメット桟橋から出発し、昨日、スラタニのサムイ島に到着し、ルート上で船の最初の停泊地となりました。

Seahorse Ferry が運営する「The Blue Dolphin」フェリーは、最大 200 台の自家用車と 586 人の乗客を収容でき、合計 15 の部屋があり、5 つの部屋タイプ (Premier、Suite、First Class、Comfort、Capsule) に分類されます。 パタヤ - サムイ ルートの所要時間は、片道約 13 時間です。

以前は、 フェリーは、Covid-8 パンデミックによる長い遅延の後、2021 年 19 月 XNUMX 日にサッタヒープからソンクラー南部へのルートで最初の運航を開始しました。

詳細については、彼らのをチェックしてください Facebookはこちら。 定期的にスケジュールされた旅行はまだ行われておらず、最近の旅行はテスト ランでしたが、XNUMX 月末までに完全に有効になる予定です。 最終的な予約は SPcruise.com 経由で行われますが、ウェブサイトはまだ公開されていません。

今年初めにタツノオトシゴのツアーに招待されました。 ここでビデオ(タイ語)をご覧ください。

写真提供:Naewna

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

 

 

パタヤニュースの全国ニュースライター。 バンコクで生まれ育ったNopは、言葉や写真を通して故郷の物語を語ることを楽しんでいます。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術への彼女の真の関心を形作っています。