ウィチットのコンビニ強盗容疑者 XNUMX時間でTWICE

ウィチット–

  警察はウィチットのコンビニエンス ストアで XNUMX 時間に XNUMX 回強盗を行った容疑者を探しています。

ウィチット警察は今朝 (12 月 XNUMX 日) 早朝に事件の通知を受けました。th) 午前 1 時 40 分、ムアン プーケット地区のウィチット サブ地区にあるサクディデット - アオ マカム ロードのコンビニエンス ストアで。

ウィチット警察はプーケット エクスプレスに対し、容疑者がナイフを使って女性スタッフに現金自動預け払い機から合計 654 バーツのお金を引き出すよう強要したと警察に伝えた後、現場に到着し CCTV の映像を確認したと語った。 容疑者はお金を集めている間、ナイフをカウンターに置いた。

容疑者のナイフを取る前に、別の男性職員が現れた. 容疑者と男性職員は肉体的な対立を始めた。 容疑者はスピードを出す前にいくらかのお金を奪った. 警察はナイフと容疑者の髪の束を押収した。

午前 4 時 30 分、同じ容疑者が、以前の対立の後も動揺していないように見えて、コンビニエンス ストアに戻ってきた後、再び窓口係をナイフで強奪し、500 バーツを持って急いで逃げました。

警察が容疑者を追跡したところ、容疑者の家はコンビニエンスストアから400メートル離れていることがわかりました。 彼らは容疑者を探しています。 容疑者は特定されていませんが、法執行機関は報道時間の時点でまだ個人を探しています.

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。