AIシステムを含む大幅な改修が予定されているシャロン桟橋

チャロン–

プーケット県行政機構 (OrBorJor) は、AI (人工知能) システムの追加や 120 台の CCTV カメラの追加など、プーケットの南にあるシャロン桟橋の改修を計画しています。

プーケット県行政副長官ティワット・シドクブア氏はプーケット・エクスプレスに次のように語った。 これは桟橋にとって大きな変化となります。 私たちは、桟橋をプーケットで最も賑やかなマリンツーリズムの桟橋にしたいと考えています。 改修には少なくともXNUMX年かかるかもしれません。」

「計画の XNUMX つは、AI システムを組み込み、セキュリティ コントロール ルームに CCTV カメラを追加することです。 ロングテールボートやスピードボートは、駐車ブイを設置して列を作って駐車します。 これにより、桟橋がより美しくなり、沿岸の生物システムが損なわれることはありません。」

提案されたプロジェクトの費用はすぐには公表されませんでした。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。