カマラ、プーケットの住民が鉄砲水に見舞われ、地方政府が支援

カマラ–

プーケットのカマラの住民は、砂や土が家に侵入したときの鉄砲水にまだ苦しんでいます.

プーケット全体で一晩中大雨が降り、今朝まで日曜日 (16 月 XNUMX 日) に多くの地域で洪水が発生しましたth).

カトゥー地区のカマラの多くの地域は、日曜日からの鉄砲水で被害を受けています。 昨日(17月XNUMX日)th) プーケット副知事 Amnuay Pitsuwan 氏とタンボン行政組織長の Jutha Dumluck 氏は、Baan Bangwan、Baan Na Nua、Baan Nok Lay、Baan Kok Yang、Baan Huan Kwan、Baan Naka の住民を訪問しました。

当局は、砂や土が家や近隣地域に侵入している家を掃除するために住民を支援してきました。

カマラの住民は、洪水により多くの家が一時的に住めなくなったため、引き続き政府にさらなる支援を求めています。

タイ王国海軍もまた、プーケット全土で困っている人々を支援してきました。

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。