プーケットのラサダの住民は、ここ数十年で最悪の洪水に今も苦しんでいます

ラサダ、プーケット–

Rassada サブ地区、Mueang Phuket 地区の住民は、30 年で最悪の洪水である先週末からの洪水にまだ苦しんでいる、と地元住民は The Phuket Express に語った。

私たちの前の話:

プーケット全体で一晩中大雨が降り、今朝まで日曜日 (16 月 XNUMX 日) に多くの地域で洪水が発生しましたth).

昨夜(17月XNUMX日)th)、Kusoldarm Rescue Foundation の救助隊員は、大雨が止んだ 1 日後、まだ洪水に苦しんでいるソイ パ ネアンとソイ サムコン XNUMX の住民を訪問しました。 この地域は、堤防を越えて水位が上昇した広々としたラグーンの近くにあります。

この地域から洪水を除去するために、大規模なポンプが使用されています。 しかし、水位は依然として高く、一部の地域では最大80センチメートルです。 一部の水が住宅の内部に到達し、地元当局によって住民が近くの避難所に避難した. 食料、医療、援助も犠牲者に与えられました。

ソイ パ ネアンに住むタナコン サングナーク氏はプーケット エクスプレスに次のように語っています。 これは過去 30 年間で最悪の洪水です。 通常、この地域は雨が降ると必ず浸水しますが、今回は壊滅的で家々が浸水し、何日も続きました。」

その間 先週末、プーケット旧市街は 50 年間で最悪の洪水に見舞われたと地元住民はメディアに語った。

プーケット知事は、先週末の洪水に苦しんでいる犠牲者を今日も訪問し続けています.

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。