カトゥー、プーケットは地滑りと鉄砲水に苦しんでいます

カトゥー、プーケット–

カトゥーの司祭の家は鉄砲水と土砂崩れに見舞われましたが、プーケットでは一晩でさらに雨が降り、一部の地元住民が数十年で最悪と呼んだ週末の洪水からの復旧作業が複雑になりました。.

一晩中、そして今朝までプーケット全体で大雨が降り、日曜日(1月XNUMX日)に多くの地域で洪水が発生しました6th).

今日(19月XNUMX日)、プーケット副知事アムヌアイ・ピツワンとカトゥー地区首長のシワット・ラワムクムは、今週初めに鉄砲水と地すべりに見舞われた後、カトゥー地区バントンの司祭の家を訪れました。

当局は、地域から砂や土を除去し、さらなる地滑りを防ぐために地元の人々を支援してきました。

その間 プーケットのカマラの住民は、砂や土が家に侵入したときの鉄砲水にまだ苦しんでいます.

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。