シャロンの洪水で運河に落ちた行方不明の男性が遺体で発見された

チャロン–

シャロン地区のムアン プーケットで洪水が発生した際に運河に落ちた後、行方不明と報告されていた男性が発見されました。

シャロン市長のタナフォン・オンサンティパルプ夫人はプーケット・エクスプレスに次のように語った。th) 身元不明の男性が、シャロンの洪水の水を見ていたときに誤って運河に落ちたとの連絡がありました。

「彼は助けを求めて手を振っていました。 地元の人々は彼を助けようとしましたが、強い海流のために失敗しました。 それ以来、今日(21月XNUMX日)まで検索が開始されましたst)。 今日の午後、彼の遺体は残念ながらチャロンの水門の近くで発見され、溺死していました。 その後、彼は 36 歳のビルマ国民であることが判明しました。」 市長は述べた。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。