サムットソンクラムでタイヤが爆発した後、プーケットに向かうツアーバスが炎上し、21人の乗客が命からがら逃げる

サムットソンクラーム–

伝えられるところによると、21 月 2 日金曜日の早朝、ラマ 21 世通りでラチャタニ - プーケット ルートのツアーバスのタイヤが爆発し、バスが炎上した後、約 XNUMX 人の乗客が命からがら逃げました。

イーサン地区警察署の職員と消防士は、爆発事件の通知を受けた後、午前 4 時 30 分頃にサムット ソンクラム県アンパワー地区の現場に到着しました。 到着すると、バスの下でNGVガスタンクが炎に包まれ、数十人の乗客が車両から逃げるのが見られました。

消防隊は約45分かけて消火した。 負傷者や死亡者は報告されていません。

バスの運転手である Prasert Siripru さん (59 歳) は、事故当時、21 人の乗客を乗せてウボンラーチャターニーからプーケットに向かっていたと当局に語った。 彼らのほとんどは寝ていました。 走行中、右後輪が破裂したとのことで、すぐにバスを路肩に停車させ、タイヤを点検した。

しかし、後輪の周りから火が燃え始め、あっという間に広がっていきました。 その後、プラサートさんは警察と消防士に通報する前に、すべての乗客に急いでバスから降りるように言いました。 出火原因は調査中。

写真提供:Dailynews

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= – = – = – = – ==-

次のタイ旅行にCovid-19保険が必要ですか? ここをクリック。

フォローをお願いします Facebook

アラートを破るためにLINEに参加してください!

2020 年 2022 月から XNUMX 年 XNUMX 月までパタヤ ニュースのナショナル ニュース ライター。 彼女の米国での教育経験とジャーナリズムへの情熱は、社会、政治、教育、文化、芸術に対する彼女の真の関心を形成してきました。