プーケット沖でダイビング中、もがいた外国人男性を救出

プーケット-

シャロンの島の近くでダイビング中に減圧症にかかった後、正体不明の外国人男性が救出されました。

昨日(26月XNUMX日)、緊急対応者に事件が通知されましたth)。 外国人男性は、ラチャ島の東にある火島近くの船に乗っていました。

ダイビングトレーナーである53歳の外国人男性を助けるために、緊急対応者がボートに乗り込みました。 彼は緊急対応者に、心臓手術を受けて回復したばかりで、ダイビングを再開したと語った。 彼はシャロンに連れ戻され、近くの病院に向かいました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。