プーケットのビーチで座礁したウミガメが救助された

プーケット-

プーケットのビーチで座礁したウミガメが救助されました。

海洋沿岸資源局は今週、ラワイ沖のラチャ ノイ島のバナナ ビーチで生きたウミガメが見つかったとの通知を受けたと報告しました。

ウミガメは海に降りることができませんでした。 ウィチットのケープパンワにあるシリーターン海洋絶滅危惧動物レスキューセンターに持ち帰られました。

ウミガメは長さ67センチ、幅68センチ。 重さは28.5キロです。 亀は体が弱く怪我をしていて、左前足ひれも左後ろ足ひれもありませんでした。 カメは腸閉塞にも苦しんでいました。 現在、海洋センターで治療中です。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。