大型で希少なニタリクジラがプーケットのラワイ沖で死体で発見される

ラワイ–

巨大で希少なニタリクジラが、ムアン プーケット ディストリクトのラワイ サブ地区沖のラチャ島で死んでいるのが発見されました。リク。

昨日(30月XNUMX日)、ラチャ島の浜辺で巨大なクジラが死んでいるのが発見されたとプーケット水産局にサリット・ジャディー氏から連絡がありました。

海洋沿岸資源局(DMCR)のプーケット事務所が現場に呼ばれました。 クジラは、ラチャ島の南にあるレム サイ ビーチで死んでいるのが発見されました。

体長13メートル以上の雌のニタリクジラと確認された。 クジラは少なくともXNUMXか月死んでいました。 クジラは岸に引き戻され、プレス時の時点で明らかになっていない死因を見つけました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goong Nang はニュース翻訳者であり、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースで XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュースと全国ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置いており、記者と英語圏のライターの間の仲介役として働いています。 出身はナコンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。