60歳のロシア人観光客がプーケットのビーチで溺死

プーケット-

60 歳のロシア人観光客が、妻との休暇中にプーケットのカロン ビーチで溺死しました。

プーケット観光警察中佐 Eakkchai Siri はプーケット エクスプレスに、昨日 (13 月 XNUMX 日) カロン市の救助隊がカロン ビーチのライフガードから事件の通知を受けたと語った。

彼らはカロンサークルの近くのビーチに到着し、ビーチで意識不明の男性の外国人を見つけました。 彼は近くの病院に運ばれましたが、到着時に死亡が確認されました。

後にプーケット観光警察は、この外国人男性をロシア国籍のウラジミール・ハリトノフ氏(60)と特定した。 彼は、9 月 60 日からロシア国籍のマリナ・ハリトノフ夫人(22 歳)とともに、カロン ビーチのホテルに滞在していました。 彼らはXNUMX月XNUMX日にチェックアウトする予定でした。

彼の妻は、ビーチに来る前に一緒に海に入ったと言った。 夫が水に浮かんでいるのを見る前に、彼女は再び水に戻りました。

Eakkchai 中佐はプーケット エクスプレスに、ロシア人観光客が溺死した場所は泳ぐことができると語った。 離岸流はありません。 目撃者は、ロシア人男性が下を向いているのを見た。 ライフガードは、溺死する前に気絶したか、健康上の問題があった可能性があると信じていました。

この事件は、関係機関によって現在も調査中です。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2022年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

Goongは、タイの複数のニュース組織で長年専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、パタヤニュースでXNUMX年間働いています。 主にプーケット、パタヤ、チョンブリのローカルニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語を話す作家の間の仲介役を務めています。 ナコーンシータンマラート出身ですが、プーケットとクラビに住んでいますが、XNUMX人の間で通勤する場合を除きます。