ボートの出港が禁止されているため、観光客は飛行機でサムイ島を離れます

サムイ島、スラタニ –

ボートの出港が禁止されているため、観光客は飛行機でサムイ島を離れなければなりませんでした。

関連ストーリー

ウィチャウット・ジント知事によると、悪天候のためタイ湾のフェリーサービスは停止されているが、南部の州のボートは停泊を続けるよう命じられている。

今日、(19月XNUMX日th)、ボートを制限する命令は、新しい発表なしで有効のままです. サムイ島、パンガン島、タオ島に近いタイ湾の外洋では、最大 XNUMX メートルの強い波があります。

サムイ島のタイ人と外国人は、フェリーではなくサムイ国際空港でバンコク航空を経由してサムイ島を離れることで、計画を変更しなければなりませんでした。

合計 2,400 人の観光客が今日サムイ島を出発し、3,200 人の観光客が 28 便でサムイ島に入国しています。 年末まで全便満席です。 クリスマスや年末年始はサムイ島やファンガン島に多くの外国人観光客が訪れます。 ほとんどがヨーロッパの観光客です。

サムイ島の多くのビーチには赤旗が立てられています。 フェリーとすべてのボートも、スラタニの港から出ることを禁止されています。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。