クラビのロングテールボートが転覆した後、XNUMX人の外国人と船長が生き残る

写真:MGRオンライン

クラビ–

クラビでロングテールボートが転覆した後、外国人観光客XNUMX人と船長XNUMX人が救助されました。

タン ボック コラニ国立公園事務所はプーケット エクスプレスに対し、先週末、外国人観光客を乗せたロングテール ボートがホン島とハンナック岬の間で転覆したとの通知を受けたと語った。

救助隊が問題の地域に到着し、転覆したロングテールボートが他の XNUMX 隻のツアーボートに牽引されて救助されているのを発見しました。

船長の Prasit Sansamut さん(43 歳)と外国人観光客 XNUMX 人は無事に上陸しました。 プラシットさんはプーケット・エクスプレスに、水がボートに漏れて沈み始める前に強い波がボートを襲ったと語った。

ただし、クラビ海事局は事件を調査しています。

関係する外国人観光客の名前は救助機関によって発表されませんでした。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

タイへの旅行に医療保険や旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang 氏は、長年にわたりタイの複数の報道機関で専門的に働いてきたニュース翻訳者であり、The Pattaya News では 5 年間働いています。主にプーケット、パタヤのローカルニュース、および国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳と、記者と英語圏のライターの仲介役として活動しています。出身はナコーンシータマラートですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。