サムイ島で負傷した大型ウミガメを救出

サムイ島、スラタニ-

サムイ島の浜辺に打ち上げられた、負傷した巨大なタイマイが救出されました。

サムイ島自治体はプーケット エクスプレスに、地元住民がタリンガム地区のアオ パン ガー ビーチで傷ついたウミガメを発見したと語った。 サムイ地区のチーフであるチャヤポン・インタラスパ氏は、この地域を視察するためにビーチに行きました。

彼らは、幅77センチ、長さ80センチ、重さ70キロのタイマイのウミガメを見つけました。 カメにはマイクロチップコードは見つかりませんでした。 甲羅にひどい傷が見つかった。

ウミガメはチュムポーンにあるタイ湾中央部の海洋沿岸資源センターに運ばれ、治療を受け、海に戻される予定です。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

ニュースレターを購読して、すべてのニュースをXNUMX通のスパムのない毎日の電子メールで配信することを忘れないでください。ここをクリックしてください。 または、以下にメールアドレスを入力してください。

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

タイへの旅行に医療保険や旅行保険が必要ですか? お手伝いします!

グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。