サムイ島でドイツ人観光客が溺死

サムイ島 –

サムイ島の海岸近くでドイツ人観光客が溺死。

ボプット警察はプーケット エクスプレスに対し、月曜日 (6 月 XNUMX 日) に男性の外国人観光客がチャウエン ビーチで溺死したとの通知を受けたと語った。th)。 緊急対応者と警察がビーチに到着しました。

男は警察によって58歳のドイツ人男性であると特定された(プーケット・エクスプレスは、大使館と家族の通知を待つ間、彼の名前を差し控えている). 彼の体はすでに水から引き上げられていました。

ボプット警察は、ドイツ人がガールフレンドと一緒にいたとプーケットエクスプレスに語った. 彼らは午後に水に入った。 彼のガールフレンドはドイツ人男性より先に水から出た. 彼女は後でビーチに戻ったが、ボーイフレンドを見つけることができなかった.

ジェットスキーのライダーが、遺体が回収される前にドイツ人男性の遺体を発見しました。 緊急対応者は彼を助けようとしましたが、ドイツ人が一定期間溺死したと言って失敗しました。

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。