ソンクラーン フェスティバルの期間中、パンガーの島々に観光客が集まります

パンガー–

ソンクラン祭りの期間中、多くのタイ人や外国人観光客がパンガーの島々を訪れています。

パンガー観光協会の会長、ラーツァック・ポムクリン氏はプーケット・エクスプレスに対し、国内のタイ人観光客がシミラン島やスリン島などのパンガー島を訪れていると語った。

彼らのほとんどはバンコクとプーケット出身ですが、中には粉塵汚染から逃れてきたタイ北部出身者もいます。 フェスティバル期間中は、昨年よりも多くのツアーボートとレストランが予約されています。

タイ政府観光局パンガー支局長ウティット・リムサクン氏はプーケット・エクスプレスに対し、ソンクラーン・フェスティバル期間中、約80%の部屋が予約されていると語った。 外国人観光客のほとんどはドイツ人とスウェーデン人です。 イスラエルからの 650 人の観光客の XNUMX つのグループも、これらの島々を訪れています。

Uthit 氏は、外国人観光客が 4,700 日あたり 7,500 バーツであるのに対し、タイの観光客が XNUMX 日あたりに費やす平均金額は XNUMX バーツであると付け加えました。

-=-=-=-=-=-=-= – =-=-=-=-=-=-=-=

2023年のプーケットエクスプレスのサポートにご協力ください!

登録する
グンナンスクサワット
Goong Nang はニュース翻訳者で、タイの複数の報道機関で長年専門的に働いており、パタヤ ニュースでも XNUMX 年以上働いています。 主にプーケット、パタヤのローカル ニュース、および一部の国内ニュースを専門とし、タイ語から英語への翻訳に重点を置き、記者と英語圏のライターの間の仲介者として活動します。 ナコーンシータンマラート出身ですが、通勤時以外はプーケットとクラビに住んでいます。